広島城北高校サッカー部オフィシャルサイト 広島城北高校サッカー部ロゴ
試合結果 お知らせ
〜 最上段のつぶやき 〜

Vol 2. 宮本 誠 監督

 次の順番の黒瀬先生が、ご多忙なのでもう一度、宮本のつぶやきを聞いてやって下さい。
 今回も広島城北高校サッカー部が、いままで考えてきたことを
お話します。

 広島城北高校サッカー部は、ルール(決め事)がたいへん少ないクラブです。少ないというより、不十分なルール(決め事)ばかりです。すべて1〜10までルール(決め事)通り行動するのでなく
個人の判断を大切にしたいと考えています。

 サッカーの戦術もそうですが、クラブの活動すべてがそうなっています。
 例えば、練習を休むのもスタッフに報告する必要はありません。友達の誰かに報告すればいいようになっています。
 “ずる休み”をしようと思えば、簡単にできるわけです。
 ただし、“自分の行動については、自分で考える”ことは常に
求めます。
 
先日も3年生が、高校最後の県大会前にこんなことがありました。
普段は、友達に休む理由を告げて休む3名の生徒(選手)が、
制服のままグランドにあがってきて、理由を告げて帰っていきました。

 強制的に練習を休ませないで、もし休む時は理由を監督に報告
するように強制しているチームと、まったく一緒の形に見えますが、そこに違いがあることが、おわかりでしょうか?

 彼らは、最後になってやっと自分がその時、何をすべきか、
分かったのだと思います。
 けっして強制的に練習をさせられたことのない、塾・補習という理由で自由に休むことのできる生徒(選手)が自分の意志で、塾で休むのにグランドに足を運び、そこに、みんなでいることの意味を感じることができたのだと思います。
 
 人生の次のステージでは、最後でなく常に“今、何をすべきか”を感じ、行動できれば彼らは、間違えなく社会に役立つ人間になれるでしょう。

 これからも、広島城北高校サッカー部は、勝利だけでなく生徒(選手)の人間的な成長を大切していきたいと思います。それが、サッカーにも通じると考えます。
 サッカーも、所詮、人間のやることですから…

   
人 生 も F o o t b a l l も ハ ー ト だ よ !

               

                広島城北高校サッカー部監督
                         宮本 誠

このサイトに関する感想・ご質問はこちらへ ⇒ mail@saijodan.com
このホームページの著作権は、広島城北高校サッカー部に属しています。また、無断転写・無断使用を禁止します。
Copyright (C) 2003 - 2017 Hiroshima Johoku High-School Soccer Club All Right Reserved