広島城北高校サッカー部オフィシャルサイト 広島城北高校サッカー部ロゴ
試合結果 お知らせ
〜 最上段のつぶやき 〜

Vol 10. 宮本 誠 監督

選手権2次リーグから感じたこと


 
その1 惨めさ

 第2戦の広島皆実との試合は、たくさんの観客の中行われたが、結果は0-7の敗戦。
 選手は何を感じたのだろうか。
 サッカーの部分は、分析し、また次の大会にチャレンジできればよいのだが、私はこの敗戦から「惨めさ」を感じてほしいと思った。

 どちらかといえば、本校の選手は、成功経験が多く、人前で失敗する経験が少ないと思う。
 それが、大好きなサッカーでこれだけの大敗をしたのだから、かなりのショックだったと思う。
 この惨めな体験から失敗に絶える強い心を学んで欲しい。

 昨年、読んだ本にこんなことが書いてあった。
 アメリカ・スタンフォード大学の起業家に必要な基礎能力養成授業で最初に教えるのは、「失敗を経験する」ことで、「失敗を恐れない精神こそ、起業家が最初に学ぶべきことである」と。


 
その2 復活

 昨年、2月に病に倒れた "10番" 篠原 孝弘が、3試合フルタイム出場し、2得点すべてにからんだ。
 一時は、"命も・・・”という状態からの復活である。

 こちらが無理だろうと思う目標を常に掲げ、間に合わないと分かると、また次の目標にチャレンジしていく姿は、チームに関わる全ての人に感動を与えてくれた。


 
その3 

 第1戦の工大高との試合の得点は、梅田 - 篠原 - 高 - 宮本とつないだ得点だった。
 梅田からのボールを受け、高へスルーパスを出した篠原のプレーは素晴らしかった。

 ためを作り、高のオーバーラップを待ってのスルーパス。

 1タッチで出しているのだが、ビデオを見るまで2タッチだと思うぐらいの間があった。(出したボールがややぶれたのがまた篠原らしかったが・・・)

 この間ってなかなかできなんだよな・・・



                       2003年01月04日

                   広島城北高校サッカー部 監督
                             
宮本 誠

このサイトに関する感想・ご質問はこちらへ ⇒ mail@saijodan.com
このホームページの著作権は、広島城北高校サッカー部に属しています。また、無断転写・無断使用を禁止します。
Copyright (C) 2003 - 2017 Hiroshima Johoku High-School Soccer Club All Right Reserved