広島城北高校サッカー部オフィシャルサイト 広島城北高校サッカー部ロゴ
試合結果 お知らせ
〜 最上段のつぶやき 〜

Vol 23. 宮本 誠 監督

 今回から我が広島城北高校サッカー部のスタッフの紹介をリレー方式で行います。

 まず、第1回目は、私、宮本が菊一コンディショニングトレーナー(以下、CT)を紹介します。


 菊一CTは、私が城北に、教員として帰ってきた時の中3でした。
 小学生までは、野球少年だったようですが、中学生からサッカーを始めました。
 選手としては、ファイタータイプで活動量の多いMF(ボランチ)でした。
 本当に、よく走る選手でした。当時は弱くてなかなか勝てませんでしたが、
彼の活動量は、今のチームでも、トップクラスだと思います。


 菊一CTは高校時代から広島城北高校サッカー部のトレーナーをすることが、“夢”でした。
 高校時代からしっかりと人生プランを持っていて、大学は薬学部へ行き,薬剤師の資格を取って、専門学校で鍼灸資格も取るというのが、彼のプランでした。
 ほぼそのプラン通り(大学院に進学するのは最初のプランには、無かった?と思うんですが・・・)に一昨年から、コンディショニングトレーナーとして広島城北に戻ってきました。


 現在では、午前中薬剤師として働き、午後からIGL医療専門学校に通い、夜は、国体女子のトレーナー、広島大河FCレディースのトレーナーをして、休みの日には、県外に講習を受けに行くなど、その学ぶ姿勢には本当に頭が下がります。(我がチームには、水・日に来てくれています。)


 選手も怪我の相談は,もちろん悩みや愚痴・文句すべて彼のところへ持って行きます。
 選手の身体だけでなく、心のコンディションも彼がコントロールしてくれています。(新人戦でも菊一CTの一言で最高のパフォーマンスがでた選手がいました。)

 昨年の好成績もスタッフの中で、彼の貢献度(昨夏、ヘルニアの手術をした、藤田真人を11月1日の2次リーグ最終戦に間に合わすなど)が一番高いと思います。


 また、菊一CTは、トレーナーの仕事だけでなく、このホームページの作成もしてくれています。


 最近では、多くの学校でトレーナーがいますが、その多くは、病院などから派遣されたトレーナーだと思います。
 しかし、菊一CTは、違います、彼は本校のOBで、我々の身内ですから、本音で話ができます。

 トレーナーの仕事をするだけでしたら、たくさんの人がいると思います。
 しかし、“我がクラブ”のトレーナーは、
トレーナーとして、選手の身体と心のケア、OBとして生徒の教育・・・
 ホームページの管理・・・
 後輩として、先輩スタッフの雑用・・・

 そして

 人として努力(学ぶ)する姿勢・人間としての素直さ・・・

 それが、選手にも、周りの人にも伝わります。

 私もたくさんの、卒業生を出しましたが、彼は、尊敬でき信頼できる卒業生の一人です。

 そんな彼と、一緒に“我々のクラブ”をより魅力のあるクラブにしていけることを誇りに思います。

 次回は、菊一CTに、同級生の猶崎コーチを紹介してもらいたいと思います。


                          2004年5月25日
                   広島城北高校サッカー部 監督
                             宮本 誠

このサイトに関する感想・ご質問はこちらへ ⇒ mail@saijodan.com
このホームページの著作権は、広島城北高校サッカー部に属しています。また、無断転写・無断使用を禁止します。
Copyright (C) 2003 - 2017 Hiroshima Johoku High-School Soccer Club All Right Reserved