広島城北高校サッカー部オフィシャルサイト 広島城北高校サッカー部ロゴ
試合結果 お知らせ

 

〜 最上段のつぶやき 〜

Vol 115. 岩井 竜彦 コーチ

 

 

 先日、うちの監督に誘われて、広島元気セミナーに参加した。

 

 元気な人の話を聞いて元気になろう!

 というこのセミナー、今回の講師が広島市を拠点に活動しているプロレス団体「ダブプロレス」の代表、上田剛史(504)選手だということで、自他共に認めるプロレス好きの自分にも声をかけてもらったということだ。

 

 講演では、プロレスとの出会い、団体結成の経緯や興行を打つにあたっての苦労、そしてプロレスを愛する心と信念を熱く語っていただいた。

 

「自分の成功はプロレスと出会えたこと」

「痛みに耐えて再び立ち上がる姿を見てもらいたい」

「自分の仕事(プロレス)を、しっかり残していきたい」

 

 熱い言葉、そのすべてに心からの感動を覚えながら、講演は終了した。

 

 講演中「今までで一番心に残っているプロレスの試合は?」という504氏の問いかけに、真っ先に手をあげられなかったことを少し後悔しながら、懇親会会場に移動した。

 

 そこで驚きの事件が!

 会場に少し遅れて到着した504選手が、たまたま空いていた自分の隣の席に座ってくれた!

 これはまさに大事件!

 その後しばらく、プロレスラーの懐の深さに甘え、たくさんの会話を交わさせていただいた。

 (「竜彦、50分くらいぜんぜんこっち見んかったよのー」 自分の隣に座っていた監督談)

 

 「(ダブプロレスへの)一週間の体験入門もオッケーですよ」という504選手の言葉に思わず立ち上がろうとし、監督に腕を引っ張られて我に返るまで、夢のような時間を過ごさせていただいた。

 

 まさに元気セミナー、ひさしぶりに最幸の元気をもらえました!

 

 “感動の瞳を持て!!”(by 504)

 



平成22年 02月22日
広島城北高校サッカー部 コーチ
岩井 竜彦

 


 

このサイトに関する感想・ご質問はこちらへ ⇒ mail@saijodan.com

 

このホームページの著作権は、広島城北高校サッカー部に属しています。また、無断転写・無断使用を禁止します。
Copyright (C) 2003 - 2017 Hiroshima Johoku High-School Soccer Club All Right Reserved