広島城北高校サッカー部オフィシャルサイト 広島城北高校サッカー部ロゴ
試合結果 お知らせ
〜 OB日記 〜

Vol 5. 高山 芳典

 はじめまして。
 37回生の高山芳典です。

 現在は日本大学の4回生で、来年には大学を卒業し、社会人になります。
 来年からは、住宅業界で仕事をすることが決まっています。



 私は、まわりの人よりちょっと遅かったのですが、今年の2月から就職活動を始めました。

 私にとって就職活動は、“自分はなにがしたいのか”“自分は将来的にどういう人間になっていきたいのか”“自分は今までどんなことをやってきたのだろうか”など、今までの自分、これからの自分について、考える良い機会となりました。

 また、就職活動を通して、様々な人たちと話をすることができ、得るものも非常に多かったです。



 そうした就職活動で自分の過去を振り返ってみた時に、大きな存在であるのが城北サッカー部でした。

 城北サッカー部で得た一番大きなものは、
『みんなで努力し、目標を達成する喜び』
 です。


 私が高校3年生のときのインターハイ予選で、城北サッカー部は15年ぶりに県大会に出場することができました。

 その当時、城北サッカー部にとっては、県大会に出ることが、最大の目標でした。
 いつもあと一歩のところで負けてしまい、悔しい思いをしていました。

 県大会に出るため、練習では、練習開始の1時間前にみんなで集まって自主的に練習し、練習後も日が暮れるまで練習しました。

 また試合では、レギュラーががんばるのはもちろんのこと、試合に出ることができない選手も、チームの勝利のために最大限のサポートをしてくれました。

 こうした努力を1年間重ねて、県大会出場という結果を出すことができました。

 みんなの力で手に入れた県大会行きのキップでした。
 大きな喜びと達成感がありました。

 1つの目標に向かってみんなで努力し、結果を出せたという経験はその後、私が困難な状況に直面した時や、難しい課題に挑戦する時に、いつも私を助けてくれました。

 就職活動の時も、そうでした。

 城北サッカー部には、“みんなで努力し、がんばろう”という風土が昔からあります。
 私は、そうした風土は城北サッカー部の非常に良いところであると思っています。

 そうした風土を失うことなく、城北サッカー部がこれかも発展していくことを期待しています。


 分かりにくい部分もあったかとは思いますが、最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 初蹴りで、また最上段グランドへ行ける日を楽しみにしています。



                     2005年11月28日
                     37回生 キャプテン 高山 芳典

このサイトに関する感想・ご質問はこちらへ ⇒ mail@saijodan.com
このホームページの著作権は、広島城北高校サッカー部に属しています。また、無断転写・無断使用を禁止します。
Copyright (C) 2003 - 2017 Hiroshima Johoku High-School Soccer Club All Right Reserved