広島城北高校サッカー部オフィシャルサイト 広島城北高校サッカー部ロゴ
試合結果 お知らせ

 

〜 OB日記 〜

Vol 14. 自問自答、そしてナンパ

 

 メロン農園に来てから1週間弱が経ちました。

 想像していた以上に学ぶことが多く、毎日メモでノートがいっぱいになってしまいます。

 ゆっくりと消化していく必要がありますね。

 

 ここに来てまず初めに感じたこと、それは言葉がほとんどわからないこと。

 カノアではだいぶしゃべれてたし、それなりに自信もあったんです。

 でも、こっちの人がしゃべってるのほとんど聞き取れないんです。

 同じノルデスチ (日本で言う東北地方) なのに・・・

 いやーちょっとショックでしたね。

 でもまあ慣れればなんとかなるでしょう!

 

 

 毎日ここで何をしてるのかというと、ここの社長 大谷さんについて回っています。

 彼は、メロンの状態を見ながら農園を回り、必要であれば指示を出します。

 色んな問題も出てくるし、ひっきりなしに電話や無線が入ってきて大変そうなのですが、それでも楽しそうです。

 そして、車を降りてメロンの状態を見ながらその様子を説明してくれる時の顔は言うまでも無く素敵です。

 

 そんな中、彼と色んなことを話します。

 その時間が、充実しすぎているんです

 

 彼は今61歳なのですが、これまで何十年も社会の中で生きてきて、想像も絶するような辛かったこと、大変だったことなど色んなことを経験しながら様々なことを学んできました。

 その言わば人生の教訓を、惜しみなく僕に教えてくれているのです。

 それが彼の望みでもあるとのことです。

 こんな有り難く充実している時間ってそうそうないと思います。

 

 だって、人が5年や10年かけて学んできたことを、ものの2分や3分で伝えてくれるわけですからね。

 ただ、それを聞いて学んだつもりになることだけは、この大事な時間を無駄にしないためにも絶対に避けなければいけませんね。

 

 

 僕は、問題にぶち当たり、自分で答えを探し、教科書にない答えを自分自身で見つけていくことこそが大きな学びになると思っていますが、それは大方間違ってはいないのかなと思います。

 人生には、自分で経験しないとわからないことなんてたくさんあるでしょう。

 外から、もしくは上から見ると明らかなことでも、自分自身が経験していないことであればそれを信じることもなければ、気にもしないことが多いです。

 そして、経験して、失敗して初めて、あの時周りの友達や親の言っていたことが正しかったと気づくのです。

 だからこそ、答えのない答えを自分自身で出し、経験することも大事です。

 

 ただそこで大谷さんがおっしゃるのは、人生を遠回りしてたどり着いたことを、今はこうして僕に伝え、僕の人生に役立てて、人生を有意義に使ってほしいということです。

 大谷さんの言うことをそのまま受け取っていては何も自分の学びにはつながらないのかもしれませんが、それを一旦吸収し、時間をかけて消化していこうとするならば、それは今後人生の中での大きな道しるべとなるのではないかと思っています。

 

 だから今は、「吸収」する時間なのでしょう。

 とにかく吸収し、これからゆっくり消化していこうと思います。

 

 教えてくれる人がいるということに心から感謝して、これからも頑張っていこうと思います。

 

 

 

 真面目な話はここまで!ここから僕のメロン農園生活を紹介しまーす。


1


メロンの赤ちゃん。

下の方についてるやつがそうです。

大きくなってほしいですね!

 

2


メロンの収穫。

種を植えてから、約60日でできるそうです。

びっくりするくらい早いですね。

この日は僕もお手伝いさせてもらいました。

2個ずつとって、パスしてトラックまで回します。

 

3


メロンの箱詰め。

大きさごとに分けて箱にメロンを詰め込みます。

規定の大きさに満たなかったメロンは、2級品、3級品として、
MOSSOROやサンパウロで売られることになります。

ちなみにそれらのメロンはいつでも食い放題です!

 

4


箱詰めされたメロンが輸出されていく様子。

このメロンたちはオランダのロッテルダム行きだそうです。


ちなみに、1週間で約200〜250トンほどのメロンが輸出されるそうです。

すごい量ですよね。


また、メロン農園の大きさは250haで、一日に収穫するのは約2ha。

そこから約60トンのメロンがとれるとのことです。

 

5


行ってらっしゃい!!!

 

 

 ここから週末に入りまーす。


6


 この日はサッカーの試合。

 前半だけ出場させてもらいました。

 公式のリーグ戦だったようで、次の試合は22日です!


 芝のピッチでしかもサッカーの公式戦に出れるなんて思ってもいませんでしたよ。

 人生何があるかなんてわかりませんね。


 広島城北サッカー部のことのことを思い出しながら、最高に楽しんでプレーできました。

 

7


試合の後は皆で打ち上げ!

日本となんら変わりません。

ただ、酒の強さだけは・・・

 

8


スパイクを市場で購入。

まさかサッカーの練習まで芝生であるとは思ってもいなかったので、
スパイクなんか持っていませんでした。

私物を買ったのは本当に久々で、もう本当に嬉しかったですね。

大事に使おうと思います。

定価30レアル!!!(日本円で約1500円)

 

9


これがそのスパイク。

MIZUNOもどきでしょうか?(笑)

愛用していたクエーサーになんとなく似ていたのでこれに決めました。

いやーこれから使うのが楽しみですね!

見るとニヤニヤしてきて、飾ってはベタベタさわることを繰り返していました。

 

 

10


 フェスタに行ってきました。

 友達にはやされ、女の子をナンパしました!

 鼻の下伸び切っていますね!(笑)


 右の子 (アンジェリーナ) がそうです。

 日本ではニヤニヤしながら人を見ていたら危ない気がしますが、ブラジルでは全く問題ありません。

 見つめて向こうが振り返ったら「引っかかった」証拠です。

 いやー、実に画期的な文化ですね。


 でも、ここで問題が発生。左の子は13歳、右の子は16歳。

 それならまだしも、狙った右の子は既に結婚していました!!(爆)

 おいおいおい・・・


 ということで楽しくおしゃべりしてからお別れしたんですが、この話には少し続きがあります。

 

11


 この日の夜、近くの教会の裏にある小さな遊園地に行ってきました。

 そこで、なんとあの時ナンパしてた彼女らと偶然にも出会ってしまったのです!!

 しかも、旦那さんつき!!(笑)


 彼氏じゃありません。旦那さんです!!

 しかも旦那さんイカツイ!!!(笑)

 

 あせりますよね、気まずかったー。

 周りのことはあまり気にしないブラジル人の彼女達でさえ、気まずい感じで挨拶してました

 旦那さんに気づかれないように。(笑)

 同じアトラクションをすぐ近くで待ってたんですから、そりゃ気まずいです。

 

 ブラジルでは、既にある男女関係に手を出すことはタブーなんです!

 いやー、何もなくてよかったですね。

 最初に会って話してた時に変なことしなくて本当によかったです。

 皆さんも気をつけましょう。

 

 

 しまりのない日記になりましたがこの辺で。

 

 チャオチャオ!!

 

 

 

2009年11月10

 


                     

 

ご感想・コメントなどがあればこちらまで

コメントフォームへ

 


 

 

 

 


 

 

このサイトに関する感想・ご質問はこちらへ ⇒ mail@saijodan.com

 

このホームページの著作権は、広島城北高校サッカー部に属しています。また、無断転写・無断使用を禁止します。
Copyright (C) 2003 - 2017 Hiroshima Johoku High-School Soccer Club All Right Reserved