広島城北高校サッカー部オフィシャルサイト 広島城北高校サッカー部ロゴ
試合結果 お知らせ

 

〜 OB日記 〜

Vol 18. 誕生日、時々マリン

 

 

 日本はもう冬なのでしょうが、こちらは相変わらず真夏です。

 さて、夏の風物詩といえばなんでしょうか。

 そう、お化け です。

 といってもここエステーヴァン村には夏と雨季しかないんですがね (笑)

 

 最近この村で怪談話が流行っており、毎日のようにここエステーヴァン村の伝説を聞かされています。

 大がつくほどの噂好きのここの子達ですから相当色んな話があるのですが、これだけあると一つくらい本当の話もあるんじゃないかなー、と思ってしまったりしています。

 そんな話なんか信じないようなしっかりしたマリエッタって子まで実際にあった体験を話してくるくらいですからね。

 

 

 

 前に紹介したと思いますが、僕は基本的にセントロ・コミュニターリオという公共施設を管理しながら一人で寝ています。

 そこ、どうやら「出る」らしいんです。

 このセントロができる前は、この近くに死んだ動物や人まで埋めていたこともあるそうです。

 よくある話ですが、誰もいないのに足音が聞こえたり、ドアをノックされたり。

 更には獣に会った青年もいるそうで、彼はセントロに近づくことすらしなくなっているのです。

 気にはしていなかったものの心当たりはあったため、最近少しだけ敏感になっていますね。

 そっち方面に関しては「ど」チキンの僕なので、あと3週間ほどですが何にも出会わないことを願います・・・

 

 

 さて、12月8日はこの村で活動している団体の代表である鈴木 真由美さんの誕生日でした。

 何十人の村の子たちが家に押しかけ、どっきりで誕生日を祝いました。

1

 

 そのどっきりの不完全さがここの村っぽくてよかったんじゃないかなーと思いますね。

 

 誕生日っていうのは、そもそも生まれたことを祝う日なんですよね。

 この世に生まれてきたことを皆で祝う日。

 

 数ヶ月前に、友人のハイッサの赤ちゃんが生まれました。

 病院から車でハイッサが帰ってくると、何十人もの村人がその帰りを待ちわびており、出迎え、皆でアポロという名の赤ちゃんの誕生を祝いました。

 赤ちゃんの時のことなんか今は覚えてはいないし感じることもできるのかわからないけど、もし今の僕がその状況だったら「生まれてきてよかったなー。」と間違いなく感じるでしょうね。

 そして来年からは、その日は生きていること自体を祝う日になります。よく生きてくれた、と。

 

 生きてるってことだけで、周りからしたら素晴らしいってことなんですね!

 自分では気づきにくいかもしれないからこそ、日頃の感謝を伝えたれる最高の機会にはぜひともお世話になっている方々には感謝してあげたいなと思います。

 ちなみに僕の誕生日は今月の12月28日ですので、皆さんよろしくお願いします! (笑)

 

 

 この日は、早々から真由美さんの大好きなチョコ尽くしのケーキを作って待機し、真由美さんが家に帰ってきた瞬間に皆でバースデーソングを歌いました。

 僕からは、もう既に恒例になった絵をプレゼントしました。

 その作品につきましては、僕のアイドル、マリンちゃんと共にぜひごゆっくりご鑑賞ください!


2
あー・・・
もう!!!! (笑)

 

 

 

 そして今回はもう一つニュースを。

 12月9日、以前僕が研修させていただいていたメロン農園に、社会見学として村の学校の子ども達をつれていきました。


3
皆真剣に大谷さんのお話を聞いていました。

 

 馴染みがある企業とは言っても、頻繁に他人を受け入れることなどしないし、子ども達ということで不安要素はたくさんあったのですが、いつもの有り余るくらいの元気は少し控え気味で、僕としてもかなり安心しました。

 むしろ、こんな心配をかき消すかのように、初めて見る工場、機械、農場などを、目を真ん丸にして覗き込み、興味津々に疑問に思ったことをすぐ大谷さんや僕に質問していて、そんな素直な子どもの姿から、こっちが学ばされていまいました。

 ちなみに大谷さんからも、「教養のあるいい子たちだね。」と有り難い言葉を教師のマルシアーノが受けとっていました。

 

 工場見学、農園見学。

 そして、(待ちに待っていた)メロン。


4
いやーこの日も食べましたね (笑
)

世界トップクラスのメロン、食い放題です。どんだけー

 

 

更にお土産まで頂きました。

大型タクシーいっぱいのメロンです (笑)
5
4列ある座席の下はメロンだらけ。


 こうして最高級のメロンに囲まれながら、そして多大な感謝とともに大谷さんとお別れしました。

 

 

 当然のごとく、カノアに到着して車のドアを開けると、メロンがボロボロと車からこぼれ落ちてきました (笑)


6
これなんて本の一部です。

これの約2〜3倍くらいあったと思います。

 当分メロンに困ることはないでしょうね。

 皆で車からメロンを運び出し、子ども達は一人3つずつメロンを家に持って帰りました。

 村ですれ違う人々にもメロンを渡し、それでもメロンは大量に余っています。

 

 

 今では「メロン」っていう果物は、間違いなく僕にとって特別な存在となりましたね。

 きっとこれからもずっと、メロンを見るたびに色んなことを思い出すんでしょう。

 

 

 

 じゃー今回は、日常の生活と共にお別れすることにします。


7
この日は朝からラジオ体操!


 やっぱり朝から体を動かすのっていいですね!健康、健康!

 ちなみにこの日は約5時間ほど最強の日差しを浴び続けていたため、日焼け、いや火傷してしまいました。

 ここに来て初めて皮がむけました。

 

 


8
最近は日曜大工を始めました。

マルシアーノとウェリトンと一緒に働いています。

 

 


9
そんな中、僕の愛すべきマリンちゃんの目の中にゴミが入ってしまいました。

大泣きするマリンと、それをなだめるパパのマルちゃん。

ああ・・・・!!!!

 

 

 

 昨日の夜は、サッカーに燃えました。

 10点マッチで4人 対 4人で試合。

 8対3でリードして勝ったも当然と思っていたら、僕とドイツ人ボランティアのマークは慣れない裸足のサッカーのため足の皮がずり向け、走ることすらできなくなり、結局 9対10で負けてしまいました・・・


 ひざも負傷していたので、今の僕の足はボロボロで、歩くことすら困難な状況になっています(笑)

 

 

 まあ週末ですからね!

 しっかり楽しんで、また来週からの仕事に備えたいと思いまーす。

 

チャオ!

 

 

2009年12月15日

 


                     

 

ご感想・コメントなどがあればこちらまで

コメントフォームへ

 


 翔さんの誕生日が過ぎたら、もう帰国ですね。

 マークにはまだ「ジョー」って呼ばれてるんですか?笑

 

Posted By KOHEI @2009.12.15 PM 11:01


 こーへい、

 毎回コメントありがとう!

 

 ほんま時間過ぎるのはやいよなー・・・

 あっという間。

 

 マークはようやく「ショー」って呼ぶようになったで!笑

 ちなみに彼は今ダイアーニとガチで付き合ってまーす。

 

Posted By 信広 翔 @2009.12.16 AM 10:18


 

 

 

 


 

 

このサイトに関する感想・ご質問はこちらへ ⇒ mail@saijodan.com

 

このホームページの著作権は、広島城北高校サッカー部に属しています。また、無断転写・無断使用を禁止します。
Copyright (C) 2003 - 2017 Hiroshima Johoku High-School Soccer Club All Right Reserved