広島城北高校サッカー部オフィシャルサイト 広島城北高校サッカー部ロゴ
試合結果 お知らせ

 

〜 最上段のつぶやき 〜

Vol 236. 宮本 誠 監督

 

 

 

2020夏

 

 

 6月1日学校再開

 

 高校3年生の今後についてのミィーティング

 自分と向き合い出した答え

 

 

 「自分のキャラで生きてきて、

  今までガチでやったことがなかった。

  サッカーもそうだった… 

  だからガチでやりたい。」

 

 

 「残る責任を感じているが、

  どうしても自分は残れない…

  無責任だけど残った3年生は勝て!」

 

 

 「残ることそれしかない…

  絶対に勝つ」

 

 

 

 うまくいかない日々

 

 成長を期待し

 広島在住OBの力を借りて行った“通い合宿”

 

 しかし

 うまくいかず

 悩み、苦しみ、残ったことを後悔した日もあり

 

 

 

 そんな高校3年生と歩んだ夏

 

 

 

 苦しみながら1・2回戦突破

 

 

 

 大敗の決定戦

 0‐5の終盤でも

 笑顔で

『最後まで城北らしくやるぞ!』

 と大声を出しまくる高校3年生

 

 

 

 感動し

 心が震えた

 

 

 

 

 

 

 最後のミィーティングで

 

 

 6月で勉強に切り替えたキャプテンは

 『…残ってくれた3年生ありがとう。』

 

 

 

 中学キャプテンは

 『…“城北らしさ”を考えながら活動した

  “城北らしさ”とはひとつでなく、

  それぞれの人にそれぞれある、

  今後もそれを求めて自分もサッカー部も成長しよう!』

 

 

 

 6月からのキャプテンは

 『…自分は高校サッカーに3つの後悔がある。

  一つ目は、自分のコメント力の無さ。

  試合前いつもすべった…

 

  二つ目は、コロナ禍の中しょうがなかったが、

  “6月でやめた3年生”が決定戦に

  応援に来られなかったこと、変装してでも来いや(笑)

  最後はみんなで闘いたかった。

 

  三つ目は、広島城北大応援団の前でプレーできなかったこと、

  2年時レギュラーとっておけば…

 

  しかし決定戦を経験できたことは、

  広島城北の今後につながる。』

 

 

 

 素晴らしい

 偉大なる3人のキャプテンを生んだ56回生

 

 今後も顔晴れ!

 

 

 

 

 

 そして3人をはじめ3年生から後輩に

『お前たちならできる城北らしく顔晴れ!』

 

 

 

 

 

 夏の最後は

 第68回広島市中学校総合体育大会で優勝した中学生

 

 一戦一戦成長し、熱い戦いができるようになった

 

 

 

 

 声を出し身体を張るCB

 

 

 中盤で走りまくるボランチ2人

 

 

 高校キャプテンと同じく“コメント力”は無いが、

 頑張りでチームを引っ張るキャプテン

 

 

 広島城北らしい“マイペース10番”…

 

 

 広島城北OB熱い2人の指導者

 

 

 

 2020の夏も最上段は感動でいっぱいだった。

 

 

 

 

 

 P.S.

 1人で、こっそりと

 3年生保護者作のムービーを

 

 広島城北学園自慢の“メイプルホール”大画面で鑑賞し

 改めて感動した

 

   

 

 

 

 

 

 

 広島城北は

 自ら感動し

 目の前の人たちを感動させ

 笑顔にするクラブであり続けます!

 

 

 

 令和2年10月5日        
広島城北高校サッカー部 監督
宮本 誠


 

 

 

 

このサイトに関する感想・ご質問はこちらへ ⇒ mail@saijodan.com

 

このホームページの著作権は、広島城北高校サッカー部に属しています。また、無断転写・無断使用を禁止します。
Copyright (C) 2003 - 2021 Hiroshima Johoku High-School Soccer Club All Right Reserved