広島城北高校サッカー部オフィシャルサイト 広島城北高校サッカー部ロゴ
試合結果 お知らせ

 

〜 OB日記 〜

Vol 39. 藤原 由大

 

 

イメージすることの大切さ・・・

 

 

 初めまして

 48回生 藤原 由大です。

 

 このような機会をいただけて大変光栄ですし、

 OBになっても城北サッカー部に繋がっていられるということに

 感謝しています。

 

 

 

 本年3月で大阪教育大学を卒業して、

 4月から京都大学大学院に進学しました。

 

 

 大学生活はとても早く過ぎたように思います。

 卒業した今、大学での色々な事を思い出しますが、

 同様に高校の3年間は本当に充実した時間でした。

 

 

 

 

 高校サッカーの華々しさや、

 友達と過ごす時間の貴重さを

 OBの皆さんがよく口にしているのを耳にしますが、

 

 卒業から時間が経って、

 ようやく実感できるものだと僕も思いました。

 

 

 

 僕の現役時代は、

 みんなにかなり迷惑をかけた選手だったので、

 

 『卒業してからでは遅いんだ。現役の時にやっていれば。』

 なんて先生やOBから聞かされても、

 正直その大切さをわかっていませんでした。

 

 

 だからこそ、

 その時間を大切にするためには、

『イメージすること』が大切だと

 今になって思います。

 

 

 

 例えば、練習でロングボールを蹴るとします。

 

 何もイメージを持たなければ

 普通の練習として時間が流れます。

 

 

 しかし、フォームは右足と左足で同じになっているか、

 ボールの回転は縦になっているかなど、

 明確にイメージしていくことで

 人それぞれ時間に意味が出てきますよね。

 

 きっとより充実した練習時間になると思います。

 

 

 

 これを日常生活において考えると少し難しいです。

 

 僕自身、将来自分が何になるのか

 全くイメージできませんでした。

 

 

 大学入学当初は、

 ぼんやりと先生になることを考えていましたが、

 結局明確なイメージが湧かないまま時間が経っていきました。

 

 

 大学院では新しい自分を

 明確にイメージできるように

 日々時間を大切に過ごしたいと思います。

 

 

 

 『なりたいと思ってなれるなら苦労しねえ。』と

 先輩から言われたことがありました。

 

 確かにその通りで、

 なるためにはどうするのかが重要ですよね。

 

 

 それは明確にイメージできた時に

 何が必要か見えてくるんだと思います。

 

 

 だから夢を叶えてる人ってカッコいいし、すげえ。

 

 

 

 高校3年間を過ごした時間は

 自分にとってかけがえのないものです。

 

 関わってくれた全ての人に感謝しています。

 

 

 

 長々と偉そうに書いてきましたが、

 僕自身も成長したいと思います。

 

 現役のみなさん頑張ってください。

 応援しています。

 

 

 最後まで拙い文章にお付き合い頂きありがとうございました。

 それではまた、最上段で。

 

 

 

2018年04月05日      
広島城北高校サッカー部                         48回生 藤原 由大

 

 
 

 

 

このサイトに関する感想・ご質問はこちらへ ⇒ mail@saijodan.com

 

このホームページの著作権は、広島城北高校サッカー部に属しています。また、無断転写・無断使用を禁止します。
Copyright (C) 2003 - 2018 Hiroshima Johoku High-School Soccer Club All Right Reserved